研究室の紹介

研究室メンバー

櫻井 扶美恵
Fumie Sakurai

主任研究員
プロフィール
2004年3月 岐阜県立岐阜高等学校 普通科 卒業
2009年3月 名古屋市立大学薬学部 製薬学科 卒業
2011年3月 名古屋市立大学薬学研究科 創薬生命科学専攻 博士前期課程修了
2015年3月 総合研究大学院大学物理科学研究科 機能分子科学専攻 博士課程単位取得退学
(2014年8月–11月 チューリッヒ工科大学 訪問研究員 (Prof. Erick M. Carreira))
2015年4月 東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻 学術支援専門職員
2015年9月 総合研究大学院大学物理科学研究科 機能分子科学専攻 博士課程修了 (博士(理学))
(分子科学研究所 魚住研究室 魚住泰広教授)
2015年10月 東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻 特任研究員
2017年3月 同上 主任研究員
 
論文リスト
"Development of an Aquacatalytic System Based on the Formation of Vesicles of an Amphiphilic Palladium NNC-Pincer Complex”
Sakurai, F.; Hamasaka, G.; Uozumi, Y.
Dalton Trans. 2015, 44, 7828-7834.

"A Vesicular Self-Assembled Amphiphilic Palladium NNC-Pincer Complex-Catalyzed Allylic Arylation of Allyl Acetates with Sodium Tetraarylborates in Water”
Hamasaka, G.; Sakurai, F.; Uozumi, Y.
Tetrahedron 2015, 71, 6437-6441.

"Palladium NNC-Pincer Complex: An Efficient Catalyst for Allylic Arylation at Parts Per Billion Levels"
Hamasaka, G.; Sakurai, F.; Uozumi, Y.
Chem. Commun. 2015, 51, 3886-3888.

“Et-Duphos-Nickel-Catalyzed Asymmetric Arylation of Benzaldehyde Derivatives Bearing an ortho-Me2PhSi Group with Potassium Aryltriolborates”
Sakurai, F.; Kondo, K.; Aoyama, T.
Tetrahedron Lett. 2009, 50, 6001-6003.

“Interesting Nickel-Catalyzed 1,2-Addition to α,β-Unsaturated Aldehydes with Arylborates”
Sakurai, F.; Kondo, K.; Aoyama, T.
Chem. Pharm. Bull. 2009, 57, 511-512.

“Development of Asymmetric Nickel-Catalyzed Arylation of Aromatic Aldehydes with Arylboron Reagents”
Yamamoto, K.; Tsurumi, K.; Sakurai, F.; Kondo, K.; Aoyama, T.
Synthesis 2008, 3585-3590.